家の壁を緑で覆いたいという方は必見!壁面緑化がもたらすメリットなどを紹介


建築物の壁を成長した植物で覆う壁面緑化

壁面緑化とは、歯やツタなどの植物で建物の壁を覆う事を指します。壁面緑化にはいくつかの種類がありますが、代表的と言えるのが、地面から植物が伸びて壁を覆っていくスタイルです。自然と成長してくれるため、植物の世話が容易である事が利点です。ただ、植物が壁を覆いやすいようにするために、ワイヤーやネットを設置しておく必要があります。また壁面緑化で多く使われているのが、色が美しいナツヅタやヘデラといった植物であり、壁面緑化には最も適していると言われています。

壁面緑化には建物の劣化を防ぐ効果が期待できる!

建物を壁面緑化にする事で様々なメリットがあり、その一つに挙げられるのが直射日光の影響を軽減できるという点です。建物に植物のカバーをかけたような状態になるため、壁面の温度上昇を抑制してくれる効果が期待できます。また直射日光が受けにくくなるという事で、紫外線量も軽減できるので、建物の劣化を防ぐというメリットがあります。さらに壁面緑化は大雨や強風から建物を守ってくれるという役割も持っているのです。

ヒートアイランドの緩和も期待できる壁面緑化

壁面緑化は経済面でも大きな効果が期待できる点がメリットと言えます。壁面緑化にする事で、夏は涼しく、冬は暖かい建物にする事ができます。そのため、クーラーや暖房器具の使用にかかる電気代を節約する事ができます。一年中、快適な温度に保ってくれるのが壁面緑化の特徴でもあるのです。また人や地球に優しい所も壁面緑化のメリットであり、都市部で発生しやすいと言われているヒートアイランド現象の緩和が期待できます。

壁面緑化とは、ゴーヤ、アサガオ、ヘチマ等ツル性の植物を壁に沿って這わせ、壁全体や一部を緑で覆ってしまうことです。外気が伝わり辛いため省エネ効果があり、グリーンには空気の浄化作用や癒しの効果があります。

Next post 花粉症対策用のメガネを選ぶ2つのポイント!